【セリーヌ】20ss《セリーヌ キャップ コピー》パナマ ストローハット リボン 縁9cm

【セリーヌ】20ss《セリーヌ キャップ コピー》パナマ ストローハット リボン 縁9cm

【セリーヌ】20ss《セリーヌ キャップ コピー》パナマ ストローハット リボン 縁9cm

セリーヌ スーパーコピー2023流行新作、Celineコピーお勧め通販セリーヌ コピーセーター、Tシャツ、アクセサリー新作、バッグ業界最大級Celineスーパーコピー安心購入サイト必ず届く最高級偽物品通販

20ss《セリーヌ/セリーヌ キャップ コピー》パナマ ストローハット リボン 縁9cm
【商品詳細】
ストロー 100%
縁 9 CM
フィッティング:レギュラーフィット

推奨ブランド コピー 優良 店

【セリーヌ】20ss《セリーヌ キャップ コピー》パナマ ストローハット リボン 縁9cm

【セリーヌ】20ss《セリーヌ キャップ コピー》パナマ ストローハット リボン 縁9cm

【セリーヌ】20ss《セリーヌ キャップ コピー》パナマ ストローハット リボン 縁9cm

【セリーヌ】20ss《セリーヌ キャップ コピー》パナマ ストローハット リボン 縁9cm

【セリーヌ】20ss《セリーヌ キャップ コピー》パナマ ストローハット リボン 縁9cm

オセロは白と黒の石のみで構成されているが、トムブラウン ニューヨーク(THOM BROWNE.NEWYORK)の2015-16年秋冬メンズコレクションもそれと同じであるトムのオセロは白が1で黒が44と、圧倒的に黒の勝ちだが……

会場のパリ郊外のイベント センターには、3つの白い箱が設置されている左から食事の部屋、中央は寝室、そしてタイプライターを打つ仕事部屋ベッドには1人のモデルが寝ていて、かれが起き上がると同時にショーの前説が始まった

衣装は白のスーツ、白のシャツ、白のネクタイ、白の靴下、白の靴のオールホワイト起床してまず向かうのは食事の部屋食事を終えたら仕事部屋に移動してタイプライターと格闘する1日の仕事を終えたら、白い箱の上に付いている黒いカーテンを閉め、自らも黒い服に着替えるそして掛布団を裏返して黒にして、黒い服を着たまま就寝する……

その間約10分箱の横には壁があるから、全世界に映像を発信するカメラマンにはその様子は見えず、見えるのは席に座った観客のみ「記録するより記憶しろ」ということなのだろうか

 

少々長めの一人劇を終えると同時に、ショーは幕を開けた空からは粉雪が降っていて、なんだか物悲しい雰囲気が漂っているモデルの歩くスピードはゆっくりゆっくりで、一歩一歩を愛おしく惜しむように踏みしめている最初の男の衣装は、一部の隙もない正装であるブラックスーツにコートをはおり、頭にはシルクハット、手にはクロコダイルのドクターバッグまるで黄泉の国へ導く医者のような風情だ

 

その後に続く男たちも、生を終えて死へ向う死装束に身を包んでいるロングジャケットの上にスカートを穿いた男、クジラが全面に刺繍されたコートとパンツ、クジラ型のバッグを持った生涯をかけてクジラを愛した男、ファーがトリミングされたコートに短いショーツを合わせたエキセントリックな男――それぞれがこれまでの生き様を示すように装っているそして、その男たちはランウェイを歩く途中で、睡眠中の男の前で何かを言いたげに立ち止まるのだ「もうすぐ君もこっちの世界に来るんだよ」とか「俺ももう少し生きたかった」とか言っているのだろうか……

演出はしばし置いておいて、洋服の細部に目を向けてみようシャツ以外のアイテムはすべてブラックだが、単調にならないのはトムのトムたる所以であるテキスタイルへの凝り用は尋常ではなく、複雑な織のジャカード、竹細工のような生地、ブークレー調のウール、ウールの上にレースを張った生地、1900年代初頭の古着を連想させる目の詰まったウール、シルクのような光沢のあるコーデュロイなどで、「男の黒」の表現範囲を大きく広げているクジラと亀のモチーフは、黒の重い雰囲気を中和する役割を果たしている

 

このショーの主題が「生と死」であることは明らかであるしかし、この三途の川への行進を見ていて不思議と暗い気持ちにはならなかった生と死はオセロの白と黒のように表裏一体であるだから今回のトムの死装束は生を楽しむための服、なのだと思う恐れずに着るがいい

Text by Kaijiro Masuda(Fashion Journalist)